内観ヨガ研究家の 

自宅でできるオンラインヨガ 

本来の健やかさと美しさを引き出す内観ヨガ。
自宅にいながら受講できるオンラインのクラスです。
全国、全世界、どこにいても受講できます。
動く瞑想である本来のヨガを大切に、心を込めて。
自分のまん中に戻れる、そんなヨガを。

09086410395

メール

kikoyoga@icloud,com

お気軽にお問合せください

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

ヨガの種類

ヨガの種類はたくさんあります。

そのたくさんあるヨガのなかから、自分に合ったヨガに出会えたら幸せなのだと思います。

そのときそのときの自分の変化に合わせて、ヨガも選んでいけたらいいですね。

ここではヨガの種類を少しですがのせています。

参考にしていただければ嬉しいです。

アイアンガーヨガ 運動量 3(4を最大とした基準)

アイアンガーヨガとは、Yogacharaya Sri B.K.S. Iyenger(アイアンガー師)によって編み出されたヨガのメソッドをいいます。

アイアンガーヨガは体の歪みを正していくことを目的としていルため、正確なポーズの体勢を取ることを大切にしています。

無理なく正確な姿勢を保つために、状況に応じて様々なプロップス(ヨガの道具)を使います。

プロップスはブロック、クッション、ストラップ、ベルト、いす、壁、ロープなどを、その時の状況に合わせて使います。

正しい姿勢、目的をもったシークエンス、プロップスの使用といった点がアイアンガーヨガの特徴です。

アイアンガーヨガは手の位置も向きも、インストラクターが細かく指示をしてくれます。

アシュタンガヨガ 運動量4

アシュタンガヨガとは、Tirumalai Krishnamacharya(ティルマラ・クリシュナマチャリヤ師)が基盤を作り、彼に師事をしたシュリ・K・パタビジョイス師が90年代より現代社会に合わせて分かりやすくアレンジしたものです。

アシュタンガヨガは、運動量の最も多いヨガのスタイルだといわれています。

太陽礼拝から立位のアサナ(ヨガのポーズ)、座位のアサナ、逆転のアサナ、フィニッシングまでの順番が決まっています。

呼吸と動きを連動させて流れるように体を動かすダイナミックでエネルギッシュなヨガです。

シバナンダヨガ 運動量2

シバナンダヨガとは、西洋医学の医師であるスワミ・シバナンダ氏の弟子であったスワミ・ビシヌ・デバナンダ氏が考案したヨガです。

「2種類の呼吸法」、「太陽礼拝」、「12種類のポーズ」、「瞑想」という大きく分けて4つの内容で構成されているのが特徴です。

また1つ1つのポーズのホールドが長く、ポーズとポーズの間にシャバーサナ(お休みのポーズ)を挟むのも特徴です。

クリパルヨガ 運動量2

スワミ・クリパルによって創設された、伝統的なヨガの真髄を大切にしながら、現代社会に合うように開発されたアメリカ発のヨガです。

この流派の源流には、インドやヨガの哲学、ハタヨガが取り込まれています。

アメリカにあるクリパルヨガセンターで現在も研究が続けられています。

「クリパル」とはサンスクリット語で「慈しみ」という意味で、3つのステージ、体、心、精神と分類し、それぞれのステージを追って深く学んでいきます。

ハタヨガ 運動量2

ハタヨガは肉体的なアーサナ(ポーズ)と呼吸法に重点を置いたヨガの流派です。

現代に受け継がれているヨガの流派は、10世紀から13世紀に起源を持つとされるハタヨガから派生しているものがほどんどで、数々の流派の源流とも言えます。

ハタヨガは、サンスクリット語で「ハ=太陽・吸う息」「タ=月・吐く息」の二つをコントロールして調和させることを目指します。

パワーヨガ 運動量4

世界的なヨガブームの火付け役。

インドのヨガを持ち帰ったアメリカ人が、より自由な内容へとアレンジしたものです。

身体強化と集中力を高めることを目的としたパワフルなエクササイズのヨガです。

マタニティーヨガ 運動量1

妊婦さんのためのヨガです。

妊婦さんがリラックスできるような簡単なポーズと呼吸法をします。

ヨガの呼吸法を身につけることで出産時の精神的不安を軽減させ、骨盤を開きやすくし、出産に適した筋肉をつけることができます。

沖ヨガ 運動量2

沖 正弘先生によって考案されたものです。

古典的なヨガや日本の伝統芸道など、さまざまな行法を取り入れた沖ヨガは日本人のためのヨガとしても知られています。

体がバランスを取ろうとする生命力を大切にしていて、十何度に合わせた基本ポーズや呼吸法を実践しています。

クンダリーニヨガ 運動量3

クンダリーニヨガの特徴として、「火の呼吸」という独自の呼吸法が行われます。

短時間に早いペースで腹式呼吸を行います。

これにより大量の酸素を体内に取り込むことができ、体のエネルギーを増幅させていきます。

また、チャクラという7つのエネルギーセンターを意識的に刺激していくことが特徴です。

ラージャヨガ 運動量0

別名「古典ヨガ」「瞑想ヨガ」とも呼ばれているラージャヨガ。

心のコントロールにより精神面を見つめ、欲望や執着を手放していくことを目的としています。

瞑想をずっと行うヨガです。

 

内観ヨガ 運動量2

私自身が独自で考案し実践しているヨガです。

動く瞑想である本来のヨガを大切にしています。

内観ヨガでは自分の内側で起こる微細な感覚に意識の焦点を合わせていくことを丁寧に繰り返します。

そうすることで、自然と脳が瞑想をしている状態になっていきます。

体をほぐす動きに呼吸を添えていくことで、心を静め、体と心と精神の健やかさを促します。

そのためヨガのアサナ(ポーズ)は重視していません。

ヨガを知ろうのもくじに戻る

ヨガの八支則

私たちの日常に平穏と幸福をもたらしてくれる大切な哲学。

八支則(はっしそく)はサンスクリット語の「アシュタンガ」で「八本の手足」を意味します。

ヨガの聖典『ヨガ・スートラ』に書かれている、ヨガの基本的な教えです。

どのようにヨガを実践していけば良いのかという8つの段階が示されています。

1ヤーマ(Yama) 

他人や物に対して守るべき5つの行動。道徳的基本。

 

①Ahimsa(アヒムサ):非暴力。肉体的な暴力だけではなく、精神的、言葉の暴力も振るわない。

②Satoya(サティヤ):誠実であること。人を傷つける嘘をつかない、正直になる。

③Asteya(アステーヤ):盗まない。他者から盗まない。そして必要以上のものをとらない。

④Brahmacharya(ブラーマチャリヤ):欲望に溺れない。精神的、肉体的な全ての快楽を必要以上に求めない。

⑤Aparigraha(アパリグラハ):物質欲にとらわれない、必要以上に物に執着をしない。

2ニヤマ(Niyama)

自分に対して守るべき5つの行動。精神的に守ること。

 

①Saucha(サウチャ):清潔に保つ。自分自身の体(外側)と心(内側)を常に清潔に保つ。

②Santosha(サントーシャ):足るを知る。自分のもてる範囲を知り、自分のできる範囲を知り、それ以上を必要以上に求めない。満足することを知る。

③Tapas(タパス):自己修練。自分の目標に対して一生懸命になること。

④Svadhyaya(スヴァディアーヤ):自己を探求する。自分自身をより深く理解しようとし、精神向上を行う。

⑤Ishvara pranidhana(イシュヴァラ・プラニダーナ):献身的な気持ちを持つ。感謝の念、祈り。

3アサナ(Asana)

ヨガのポーズ。

アサナはサンスクリット語の「アース:座る」からきているもの。

現在は多くのポーズがあるが、もともとは瞑想の行法だった。

アサナは瞑想への準備。

4プラーナヤマ(Pranayama)

プラーナとは生命エネルギー、宇宙のエネルギーのこと。

呼吸をコントロールすることで体内の見えないエネルギーを調整する。

プラーナヤマは瞑想を深めるために呼吸を整えること。

呼吸と体、心を繋げることに意識を向けていく。

5プラティヤハラ(Pratyahara)

感覚の制御。

感覚への意識を深め、繊細に感じること。

外側に向いている五感の知覚を内側に向け、内的感覚を高める。

感覚を内側に向ける練習をすることで、瞑想の境地に達することができると言われている。

感覚に意識を向け続ける。

自分を常に冷静に客観視していく練習。

そうすることで日々何が起きてもブレない、精神を作ることができるようになる。

6ダーラナ(Dharana)

集中・精神統一。

何か一点に集中することで、心を動かさない状態を作るのがダーラナ。

意識を特定の対象物に長時間留めておくこと。

瞑想に向かうための訓練。

7ディヤナ(Dhyana)

瞑想状態。対象物に集中することもなく、深い静かな精神でいられる状態。

8サマーディ(Samadhi)

至福の喜び。深い静寂。宇宙とひとつになること。

 

『ヨガ・スートラ』は古典なので、現代にフィットしにくいものもあると思います。

八支則はヨガの基本的な教えですが、自分なりに心地良く受けとめて、日々の生活に役立てることができたらいいなと思っています。

ヨガを知ろうのもくじに戻る

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-8641-0395

メール : kikoyoga@icloud.com

受付時間:9:00~20:00(年中無休)

お問合せはこちら

090-8641-0395

 kikoyoga@icloud.com


担当:兵藤 むつみ

受付時間:9:00~20:00
年中無休
 

お気軽にご相談ください

本を出版しました

「優しい人生のつくり方」を出版しました。

Instagram

ブログ

健やかで幸せな日々を送るお手伝いができたらと思い、ブログを綴っています。
 

遠隔気功研究所

父は遠隔気功師として遠隔気功を29年以上研究しています。
遠隔気功研究所のホームページは下記からご覧ください。

新着情報

2019年5月3日

ヨガの種類を更新しました。

2019年5月6日

日常に平穏と幸福をもたらしてくれる哲学『ヨガの八支則』を更新しました。