魂の道しるべ

遠隔ソウル・リーディング


遠隔ソウル・リーディングは人生の目的を理解し、どのように生きていけばいいのかなど今のあなたに必要なメッセージをお届けします。

09086410395

メール

enkaku.soulreading@gmail.com

お気軽にお問合せください

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

口角をあげること

わたしは以前から疲れたなと感じたときや気持ちが落ち込んでいるときは口角を上げるようにしていました。

忘れてしまっているときもありますが、思い出したときには口角を上げています。

口角を上げて微笑むことで、穏やかで幸せな気持ちになるからです。

なんで口角を上げると幸せな気持ちになるんだろう?

不思議に思ったので調べてみました。

どうやら、顔の表情と脳が連動していることに秘密があるようです。

口角を上げると「わたしは幸せ」という信号が脳に送られて、セロトニンという脳内ホルモンがでます。

このセロトニンは不快感や食欲、興奮などを鎮め、心を穏やかに安定させる働きがあると言われています。

そのため口角を上げると幸せな気持ちになるそうです。

「心は楽しいくない。嬉しくない。それでも効果はあるのですか?」

「あります。」

(誰と会話しているの?笑)

感情に関係なく、口角を上げるだけで幸せホルモンはでるそうです。

外側(表情や行動)を変えれば、内面(感情や気持ち)は後からついてきます。

全ては繋がっているからです。

口角を上げることで幸せな気持ちになる。

幸せは幸せを引き寄せます。

その時と同じ周波数のものを人は引き寄せるからです。

幸せな気持ちでいることで、さらに幸せなことが起こるのです。

なんて素敵。

そして昨日書いたブログにもありましたが、笑顔の人を見るだけでも幸せホルモンはでてくるそうですよ。

なんてなんて素敵。

今日も笑顔の魔法を感じる1日を。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

お休みすること

お休みも大切なこと。

でも、お休みすると不安になる。

何もしていない。

時間がもったいない。

こんなにゆっくしていていいのかな。

でもわたしは思うのです。


休むことは何もしていないのではないよ。

「休む」ということをしているんだよ。


わたし自身、休むことが苦手なタイプです。

頑張りすぎてしまうときもあります。

頑張りすぎている時って、全速力でずっと走っているイメージです。

走り続けなくてもいい。

歩いていい。

立ち止まっていい。

走っている時も、歩いている時も、立ち止まっている時も、

わたしの人生は続いているんだ。

走り続けていることも悪いことではない。

その時にしか味わうことができない、自分の気持ちがあるから。

走り続ける自分も素敵。

ただ、走り続けていると周りの景色が目に入りずらいきがする。

歩くことで、立ち止まることで

わたしは、今まで気付くことができなかった景色に気付くことができました。

ヨガをしていても,頑張りすぎてしまう時もあります。

痛いのに無理やり筋肉を伸ばしすぎしまったり…。

本当は「痛すぎる」よりも「心地良いな」くらいの方が体はほぐれるのに。

人は、頑張るときも必要。

でも人は、頑張らないときも必要。

そんな気がします。

お休みしたいときはしたらいい。

自分への優しさを許した時、本当の意味で人にも優しくできるのかもしれない。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

客観視と体は借りもの

自分の人生を

自分の感情を

客観的にみていく。

そのまま。そのまま。

自分に起こることや感情をジャッジせずに価値判断つけずにそのまま見ていく。

少し自分から離れて。

ヨガの時間に客観視をしていくことで、普段の生活でも自分を客観敵に見ることができるようになっていきます。

ヨガの時間と普段の生活の時間は繋がっているからです。

まだまだわたしも練習中です(^^)

わたしはせっかちさんです。

わたしは焦り屋さんです。

早く結果がほしくなるのです。

でも物事は早く展開する時もあれば、ゆっくり展開するときもあります。

物事がゆっくり展開する時は、早く展開する時と同じくらい大切なのだそうです。

待つことも大切。

焦り屋さんのわたしには難しい。

(難しいと思うから難しいのかな)

焦る気持ちがでてきたと気付いた時にやっていることがあります。

客観的に自分を見てみるのです。

もう1人のわたしがわたし自身を近くで見ているイメージをします。

次にもう1人のわたしが宇宙からわたし自身を見ているイメージをします。

広い広いこの世界。

魂から見たら終わりのない日々。

魂は永遠だから。

わたしは何を焦っているのだろう。

どうして1人でもがいているのだろう。

そう思えて、焦る気持ちが和らいでくるのです。

「体は借りもの。だから大切に使ってお返ししたい。」

大好きなお友達の言葉です。

魂は永遠。

魂は長い長い旅をしてる。

それならば、もう少しゆっくり進んでもいいのかもしれない。

今世で借りているこの体を大切にしながら、わたしの体と共に心地の良いペースで成長していけたらなと思います。

周りにいる人に

今の環境に

いつも感謝しながら。

ありがとうございます。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

感謝日記

感謝日記を書き始めて2年ほど経ちます。

サボってしまう日もありますが、自分のペースで続けています。

義務になると疲れてしまいます。

書きたくない時は書かないのがいちばんです(^^)

◯感謝日記◯
今日1日に起きた感謝したい出来事を3つ以上かきます。

感謝日記の例
・家族でたくさん笑った
・美味しいチョコを食べた
・きれいな花を買った
ありがとうございます。幸せです。

3つ書いた後は感謝しましょう*

なんでもいいのです。

感謝日記を書く時に、脳が今日1日に起きた感謝したい出来事を思い出しながら探していく。

なんて素敵な作業。

毎日毎日、感謝したい出来事を思い出すことによって脳は感謝する出来事を思い出すのが癖になります。

また、起きた出来事を感謝の視点で見ることができるようになっていきます。

起こる出来事に良い悪いはありません。

出来事がそこにあるだけです。

1つの出来事にはいろんな角度があります。

そしてその出来事をどの角度から見ていくのかは自分次第です。

起きた出来事に悪い意味をつけるのも自分。

良い意味をつけるのも自分。

後悔を選ぶのも自分。

感謝を選ぶのも自分。

わたしはどんな出来事にも無駄なことはなくて、遠い目でみたら全て自分がさらにさらに幸せになるために起きたのだと気付きました。

そう思うと

どんな出来事も感謝することができます。

人の脳には癖があると思うのです。

悪い捉え方をしてしまうのも、そういう癖があるから。

どんな出来事も感謝を通してみることができる癖をつけたら

毎日がきらきら輝くのかもしれない。

感謝日記、楽しいです。

3日坊主でもいいのです。

やろうとしたということだけでも、人生の流れは変化していきます。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

感謝の気持ちが病を癒す

人は幸せだから感謝するのではなくて、

感謝するから幸せです。

 

人は感謝している時が、実は一番幸せなのだそうです。

その時に心が穏やかになり、穏やかになれば、病気も癒されるのです。

 

また細胞は「ありがとう」という言葉が好きです。

細胞1つ1つが元気に振動していることでわたしたちは元気でいられます。

「ありがとう」という言葉を聞くと、細胞はさらに元気に振動します。

すると、わたしたちも元気もさらに元気になります。

 

今日から「ありがとう」と感謝できることを見つけて、心の中だけでもいいので「ありがとう」と言ってみて下さい。

 

日々の生活の中に感謝することはたくさん溢れています。

 

わたしたちは今こうして生きています。

生きているというよりは、生かされているのだと思います。

こうしてこの世界に生まれて、この歳まで生きていることは当たり前ではなくて、奇跡なのだと思います。

わたしたちの1日1日は奇跡です。

 

何か小さなことでもいいのです。

ご飯美味しかったな。

いい天気だな。

今日もありがとう。

「ありがとう」が溢れる日々を過ごしていけますように。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

気持ちを変えるには姿勢から変える

わたしたちの体と心は密接に繋がっています。

落ち込んでいるとき

悩んでいるとき

不安なとき

自分自身の姿勢に意識を向けてみます。

 

きっとそのときの姿勢は

背筋を丸めてうつむき加減

になっていると思います。

人は背筋を丸めてうつむき加減にしながら、嬉しいことを考えようとしてもなかなか思い浮かべることができません。

 

落ち込んでいるとき

すぐに気持ちを切り替えることができたらいいのですが

心の状態を変化させるのが難しいときがあります。

そんなときはまず、姿勢を変化させます。

 

人は背筋を伸ばし顎を上げて斜め上を見ながら、辛いことや悩み事を考えることができません。

前向きな人やいつもキラキラしている人は姿勢が良い人が多いです。

 

姿勢は心の状態と大きく影響し合っています。

 

姿勢よく日々を過ごすことを癖にすれば

自然と日々ポジティブなことを考えやすくなります。

 

背筋を伸ばし顎を上げて斜め上を見ながら

今日も素敵な1日を過ごせますように。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

波動療法

わたしたちの身体の細胞1つ1つにも意識があります。

人間のもっている意識とは少し違いますが、でもそれぞれに意識があるんです。

 

わたしたちは人に無視され続けたり、人から文句を言われたり、大切にされなかったら悲しいですよね*

身体の細胞も同じなんです。

細胞1つ1つが元気だとわたしたちの身体も元気でいられます。

でも細胞が元気ではないとわたしたちの身体に不調がでてきてしまうのです。

 

身体に「どうしてわたしの体はこうなの!」と文句をいっていませんか?

自分の身体を責めていませんが?

身体を無視していませんか?

身体を雑にあつかっていませんか?

 

・刺々しい言葉・無視・雑

これは全て重たい波動(エネルギー)として細胞に伝わり、細胞自体の波動も重たくなります。

(この世界にあるものは全て波動を発しています。)

波動が重たくなると、働きも重くなり、身体に不調が表れます。

 

身体を元の状態(元気)に戻したいならば、細胞自体の波動を軽くすることが大切なんです。

軽い言葉の波動(エネルギー)を通して細胞の波動を軽くすることができます。

 

・感謝・愛

これは軽い波動として細胞に伝わります。

 

ありがとう」「大好きよ」「大切に思っているよ」

とご自分の身体に毎日言葉をかけてあげて下さい。

すると細胞の波動は軽くなり、身体の不調もなくなってくれます。

 

言葉はすごく大きなエネルギーをもっています。

大切なご自分の身体に優しい愛のエネルギーを送ってあげて下さいね。

 

そして言葉をかけるだけでは不安とうい方は女性のための遠隔ヒーリングを受けることもお勧めです。

気もエネルギーです。

そして気は軽い波動です。

身体に気を流すことで身体の細胞の波動を軽くすることができます。

 

また、気功は気を通して魂に働きかけていきます。

気功で魂に働きかけることにより自然と体と心の状態も整っていきます。

 

体と心の状態が整っていくことで本来の自分自身に戻っていくことができます

 

そして自分にとって1番良い状態になっていきます。

ありのままの自分を認め、愛することができるようになっていきます。

 

まずは初回半額(3240円)お試しを受けてみてください。

一度、女性のための遠隔ヒーリングを体感してみてください。

遠隔ヒーリングの体感、効果が出やすい3~4回ほどのスタンダード・ヒーリングがおすすめですが、回数など個人差はありますので、ご自分の直感で回数を決められることをお勧めします。

きっと良い変化があると思います。

直感が働かない場合は、こちらがアドバイスをさせてもらいます。

心地よく生きるためにのもくじに戻る

お問合せはこちら


担当:兵藤 むつみ

受付時間:9:00~20:00
年中無休
 

お気軽にご相談ください

本を出版しました

「優しい人生のつくり方」を出版しました。

Instagram

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

新着情報

2017年7月2日

お客様の声を追加しました。

2017年7月9日

お客様の声を追加しました。

2017年8月18日

お客様の声を追加しました。

2017年8月21日

お客様の声を追加しました。