魂の道しるべ

遠隔ソウル・リーディング


遠隔ソウル・リーディングは人生の目的を理解し、どのように生きていけばいいのかなど今のあなたに必要なメッセージをお届けします。

09086410395

メール

enkaku.soulreading@gmail.com

お気軽にお問合せください

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

ありがとうの瞑想

 瞑想の紹介です(^^)

 

わたしは時間のあるとき

「ありがとうの瞑想」

をしています。

この「ありがとうの瞑想」をし終わった後、わたしは穏やかな幸せな気持ちになります。

 

わたしたちは幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せなんだ。

 

そのことを気付かせてくれました。

 

◯ありがとうの瞑想◯

目を閉じて、口角を少し上げて微笑みます。

「ありがとう」を心の中で何度も唱えます。

ご自分の心地の良いペースで。

この世界にある全てのものは振動していると言われています。

言葉自体も振動しています。

心の中で「ありがとう」ということで

体の中でその言葉が振動します。

その「ありがとう」の振動が全身に伝わっていくのをイメージします。

頭の先、手の先、足の先まで振動が伝わっていきます。

そして細胞1つ1つに伝わっていきます。

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

自分の中に「ありがとう」を広げていく。

自分の中で「ありがとう」を広げていくと、全てに「ありがとう」の気持ちが湧いてきました。

それはきっと…

全てが繋がっているからなのだと思います。

わたしたちは1人1人が小宇宙。

宇宙の縮小版と言われています。

わたしとわたし以外のみんな。

わたしと地球。

わたしと宇宙。

全ては繋がっている。

自分に「ありがとう」を伝えているということは、

みんなにも、世界にも、宇宙にも「ありがとう」を伝えていることになるのだと思います。

 

全ては1つだからです。

 

以前、ヨガで「ありがとうの瞑想」をした後にわたしのところに来てこのようにお話ししてくれた方がいました。

「わたしはわたしに「ありがとう」と思えません。」

そのように自分の気持ちを素直にわたしにお話しをして下さるその方は、わたしから見たらすごく素敵な方です。

最初は心から「ありがとう」と思えなくてもいいんです。

心から思っていなくても「ありがとう」と唱え続けていれば、

いつの間にか心から「ありがとう。」と思える時がきます。

心はあとからついてくるのです。

 

気功ヨガの時間はその日によってさまざまな瞑想を行います。

「ありがとうの瞑想」を行う日もあります。

ご一緒に全てに感謝する時間を過ごしてみませんか(^^)?

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

満たされない思いがでた時にする瞑想

足りない何かや満たされない何かを外側では埋めることができない。

 

自分を本当に満たしてあげられるのは、食べものでも物でも誰かでもない。

 

自分自身。

 

満たされない何かや足りない何かは本当に存在するのかな。

 

本当はもう十分満ち足りているのではないかな。

 

今の自分にあるものに目を向けて。

 

今ここにいて生きている奇跡に目を向けて。

 

手をあわせよう。

 

満たされない思いがでてきたときにわたしがやっていることがあります。

 

「自分が満たされていることに気付く瞑想」

1.楽な姿勢で座ります。背筋を伸ばして顎を引き目を閉じます。

2.まずは鼻のあたりに意識を向けていきます。息を吸うときの鼻のあたりの感覚。息を吐くときの鼻のあたりの感覚。

3.心が落ち着き静かになってきたら、「ありがとう」と心の中で唱えます。まずは自分自身にありがとうといいます。「ありがとう」を自分の中に広げていきます。

4.次に心に浮かんで来る人に1人づつ「ありがとう」を言っていきます。

(親が浮かんだら1人づつに「ありがとう」旦那さんが浮かんだら旦那さんに「ありがとう」)

ゆっくりと1人1人に感謝していきます。どうしてこの人が浮かんだのかな?と思う人にも「ありがとう」を伝えます。

5.もう自然と浮かんでこなくなったら、自分の心に意識を戻します。そして心が満ちている感覚を味わいましょう。

6.最後に両手を胸の前で合唱して自分と周りの人、そして全てに感謝しておしまいにします。

 

時間のあるときにやってみてくださいね。

 

 

「食欲と心」という題名でアメブロに記事を書いていて、この瞑想の記事を書くことにしました。

興味のある方は読んでみて下さい。

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

女性性を癒す瞑想

自分の子宮を、そのまま目でみることはできないけれど

 

子宮を感じて、愛でることはできる。

 

今世、女性として産まれてきたわたしたちは

 

女性として生きることで、今世で学ぶべきなにかがあるのだと思います。

 

ただ

女性として産まれた自分を愛せない。

どこか違和感がある。

自分が女性でいることにマイナスイメージを持っている。

 

そのような理由から、女性として産まれた自分を愛することができない、大切にできない。

 

婦人科形のトラブルがおこっている方々にはそのようなかたが多いようです。

 

これは小さい頃からそのように感じてしまっている人もいれば

 

トラウマになるような出来事を通してそのように感じてしまった人もいます。

 

「子宮を癒す瞑想」では子宮を愛でることで、女性として産まれた自分自身を愛することができるようになります。

 

すると自然と、婦人科系のトラブルも癒されていきます。

 

◯女性性を癒す瞑想◯

・目を閉じて両手を下っ腹のあたり(子宮のあたり)にそっと添えます。

・手の温もりを感じます。

・子宮にピンクの光を灯し、そのピンクの光が子宮全体に広がり、子宮がピンクの光で満ちていることをイメージします。

・子宮に「いつもありがとう」と声をかけます。

 

夜寝る前や時間のあるときに行ってみてください^^

 

「食欲と心」という題名でアメブロに記事を書いていて、この瞑想の記事を書くことにしました。

興味のある方は読んでみて下さい。

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

お問合せはこちら


担当:兵藤 むつみ

受付時間:9:00~20:00
年中無休
 

お気軽にご相談ください

Instagram

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

新着情報

2017年6月18日

予約受付開始。
ご不明な点、ご質問などありましたら気軽にご相談ください。