魂の道しるべ

遠隔ソウル・リーディング


遠隔ソウル・リーディングは人生の目的を理解し、どのように生きていけばいいのかなど今のあなたに必要なメッセージをお届けします。

09086410395

メール

enkaku.soulreading@gmail.com

お気軽にお問合せください

スピリチュアリティ関連(子供の魂 etc)

 占いとスピリチュアル関連

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

子どもは病気や障害も選んで生まれてくる

 

姪っ子ちゃんは生まれつき首に白い斑点のようなものがあります。

 

「学校にいったらいじめられるかもしれないな。」

 

目立ってしまう、その斑点を、わたしの姉は心配してる。

(そうだよね、そうだよね。)

 

「わたしが妊娠前や妊娠中にもっと身体に気を使っていれば、斑点もできなかったのかもしれない。」

 

そうやって自分を責める姉。

 

お母さんは、自分の子どもに他の子とは違う部分(生まれつき病気をもって生まれてきたり、障害をもって生まれてきたことも含めて)があると

 

『自分たちがなにかいけないことをしたから、結果として病気や障害をもった子に生まれてしまった。』

 

と他の子とは違う部分や病気や障害は親の因果のせいだと信じている人が多いようです。

 

でも、その考えは苦しいですよね。

 

いつまでも自分自身を責めてしまいます。

 

子どもはお母さんが苦しむことを望んではいないと思うのです。

 

わたしは池川明さんの「神さまとの約束」というドキュメンタリー映画をみてから、「子どもは親をえらんで生まれてきた」ということを心から信じています。

 

親を選んできたというのが本当なら

 

子どもはその障害や病気も、このお母さんとお父さんと一緒なら乗り越えられる。

 

そう思ったのではないかな。

 

だから、このお母さんとお父さんのもとに来たのではないかな。

 

そんなことを考えているときに、池川明さんの本でこのような言葉に出会いました。

 

**********************************************************************************************

病気や障害を無意識のうちに「不幸なこと」「かわいそうなこと」と思っているかもしれません。

 

赤ちゃんの中には、病気や障害を持って生まれてくることを選んで生まれてくる子もいます。

 

それさえも自分自身で選んでいるのです。

 

なぜでしょう?

 

子どもの中には、こういうことを言う子がいます。

 

「雲の上では、病気のある子になるか、元気な子になるか、自分で選んで生まれてくるんだよ。」

 

 

「ぼくがお母さんのお腹にいるときに、すぐ隣りに列があったの。

あそこに並ぶ子たちはすごく勇気があるんだ。ぼくはその勇気がなかった。

あの子たちは障害があって生まれることを選んだ子たちなんだ。」

 

お母さんが不安を抱きすぎていると、その子はおびえた子になってしまうのです。

 

「このお父さん、お母さんなら、障害を受け入れてくれるかもしれない。」

 

と思い、わざわざ選んできたのだとしたら、その子どもの信頼に応えるのも、親の役目なのかもしれません。

***********************************************************************************************

自分をお母さんとして選んで生まれてきてくれたこと、本当に愛おしいですね。

 

その子にはその子の今世でやりとげるテーマがあります。

 

そのテーマをこのお母さんとならやりとげられる。

 

そう思って生まれてきてくれています。

 

そして子どもは10歳までは、

 

「お母さんを幸せにする」

 

ということがテーマの1つなんですって。

 

お母さんがいつまでも自分を責めていたり苦しんでいたら、そのテーマをはたすことができません。

 

苦しいな。辛いな。

 

そう思うときもあると思いますが、お母さん自身の輝きが、子どもの輝きにも繋がります。

 

自分のもとにきてくれた子どもに感謝しながら、自分自身も心地良く過ごすことができる捉え方を選択していけたらいいなと思っています。

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

魂(たましい)と魂(かたまり)と今世

わたしたちはもともと、1つの塊(かたまり)。

その塊(かたまり)は言葉にできないなにか。

言葉にするのであれば「創造主」とか「神」とか「宇宙」とか

そういう名前をつけることができるのかもしれない。

 

 

その塊(かたまり)が小さいけれど実は壮大ないくつもの「個」に分かれていった。

分かれても、その塊(かたまり)の一部であることは変わらない。

 

 

そしてその一部として、この世界でわたしたちはさまざまな経験をする。

同じ経験を多くの人と同時にしていたとしても、ひとりひとり自分のなかで起こっている経験は違う。

目で見える範囲で同じ経験を共有していたとしても、ひとりひとり捉え方や感じ方は違うの。

だからこそ、ひとりひとりが今の自分にしか味わうことのできない、自分だけの経験をしているのだと思う。

 

 

 

『ひょうどうむつみ』として今世は生まれてきて『ひょうどうむつみ』だからこそ味わえる、わたしだけに与えられた世界。

自分で決めてきた家族。(会えたことにありがとう)

自分で決めてきた生まれる日。

自分で決めてきた名前。

自分で決めてきた縁。(会えたことにありがとう)

すべてを自分自身で決めてきた。

その自分という存在は宇宙の一部なのだから

すべては宇宙の計らいなのだ。

 

 

 

ひとりひとりが今の自分という存在を通して体感すること。

辛いことも、楽しいことも、もどかしいことも、嫉妬も、悲しみも、喜びも。

味わいたくないと思うことでさえ、味わうためにここに存在するの。

わたしという魂(たましい)は味わいたかった。

表面的なわたしが苦しくても

きっと魂は味わえた喜びを感じている。

 

 

 

そういうさまざまな、この世界でしか味わえないことを味わいつくして

『ひとつ』にもどっていく。

『ひとつ』にもどったときに、わたしの味わったすべては、みんなの経験になるの。

わたし以外の人が味わったことも、わたしの経験になるの。

 

 

 

だから

わたしはあなた。

あなたはわたし。

わたしはすべて。

すべてはわたし。

 

 

 

創造主はよくばりさんなのかもしれない。

いろんなこと、たーくさん味わいたい。

だから『分ける』ということをした。

 

 

 

わたしは『個』として、今さまざまなことを味あわせてもらっているけど

それはいつの日か「ひとつ」になるためなのかもしれない。

 

 

 

他の人の経験にうらやましさを感じたときは気付いてほしい。

あなたの魂は、あなたという存在が味わいたいすべてを、ちゃんと用意してくれていることを。

 

そして起こることは全て、宇宙の計らいだということを。

 

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

誕生日と名前を選んで生まれてきたよ。

人は自分の誕生日を選んで生まれてきた。

そして自分の名前も選んで生まれてきた。

 

 

なんてときめき。

どきどき。

親は自分で子供の名前を決めたような気持ち。

でもきっとお腹のなかでささやいているの。

「わたしの名前はね。」

こしょこしょ。

それを受けとって名前をつけている。

神秘的だな。

 

 

自分が選んだ誕生日。

自分が選んだ名前。

その数字には、その名前には

たくさんの隠されたメッセージがあるの。

そっと宝箱にしまってあって

開けようと思えば、いつでも開けることができるもの。

 

 

誕生日や名前には隠されているのは

・自分という存在の資質や性質。

・魂の目的やテーマ。

・魂が求めるもの。

 

 

それは全て魂の深いところでは

もうすでに知っていること。

この人生はそれを思い出すための旅でもあるんだろうな。

「なんのために生きているのだろう。」

そう自分に問いかけはじめたとき、本当の旅がはじまる。

 

 

人は今の自分に生まれたからこそ体感できることがある。

その体感をしたいから、今の自分を選んできた。

 

 

きっとわたしたちが辿り着くところは同じ。

みんな同じ。

 

 

ただ、どんなテーマを通してそこにいくのか。

そのツールは違うのだと思う。

 

 

 

そんなわたし、ひっそりと占いをしています。

宝箱にしまってあるものを開くお手伝い。

「ひとりひとりの世界が、きらきら輝きますように。」

そんな思いでソウルリーディングをはじめました^^

 

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

運命と意思

運ってなんだろう。

運命ってなんだろう。

そんなこを考えていた。

 

わたしはいろんなご縁から『占い』というものをやらせていただいている。

(これも運命。)

 

「運」「運命」

占いをやってから毎日のように向き合うようになった言葉たち。

あ、今日もこんにちは。「運命」さん。

 

 

「運」とは人の意思や想いを超越したはたらき。

わたしの意思とは関係なく起こる出来事。

そして流れていくこと。

あのときのわたしがした行動。

自分ではないなにかがそうさせたような、そんな気がする。

あのときあの選択もできたはずなのに、この選択をしていた。

それもきっとわたしの運命なのだろう。

 

 

今気付いたのだけど、わたしはこのブログで「運命」と同じ言葉をよく使う。

それは「宇宙の計らい」という言葉。

「運命」=「宇宙の計らい」

なのね。

宇宙はいつも、わたしたちに必要な経験を与えてくれる。

 

 

 

「人生は自分の力だけで作り上げていかなければならないもの」

そう思っていた。

でもそれは思い込み。

この世界には「自然の摂理」と「運命の流れやタイミング」というものがある。

 

 

 

シフォンケーキを作るときのことをふと思いだしたわたし。

ケーキを作りだすまえに、ケーキの完成図を思い描く。

膨らむシフォンさん。

きれいなきつね色のきみ。

そして作り出す。

材料をいれてまぜまぜ。

型に流し込んで、魔法の儀式。

予熱しておいたオーブンにそっといれる。

ここまでは、わたしがコントロールできること。

でも、結果をコントロールすることなんてできない。

焼き上がりはお任せするしかないの。

 

 

自分で全てを作りあげているようにみえて、そうではなくて

見えない力が働いているの。

わたしの意思と、そしてわたしの意思をもこえる宇宙の計らい。

それが影響しあってわたしの人生が進んでいく。

 

 

ただ言えることは、全ての根元には『愛』があるということ。

なんだか、なんとなく、そう思う。

 

 

他にも『運命』って「よいめぐりあわせ」という意味もある。

たしかに、人とのご縁こそ、宇宙の計らいだもの。

あのときここにいなければ、出会えていない人。

出会えた奇跡に、ありがとう。

宇宙にありがとう。 

 

 

瞑想とヨガ関連のもくじに戻る

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

お問合せはこちら


担当:兵藤 むつみ

受付時間:9:00~20:00
年中無休
 

お気軽にご相談ください

本を出版しました

「優しい人生のつくり方」を出版しました。

Instagram

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

新着情報

2017年8月21日

お客様の声を追加しました。

2017年11月7日

「魂(たましい)と魂(かたまり)と今世」更新しました。

2017年11月8日

「誕生日と名前を選んで生まれてきたよ。」と「運命と意思」更新しました。