魂の道しるべ

遠隔ソウル・リーディング


遠隔ソウル・リーディングは人生の目的を理解し、どのように生きていけばいいのかなど今のあなたに必要なメッセージをお届けします。

09086410395

メール

enkaku.soulreading@gmail.com

お気軽にお問合せください

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

過食と心

過食をしてしまうのは心のバランスが少し崩れてしまっているから。

毎日が過食をして自分を責めての繰り返し。

 

まずは過食をしてしまう自分を許してあげる。

そして自分は心のバランスが少し崩れているんだなって気付いてあげよう。

 

過食をしてしまうのは心に不満があるからだとも言われているのです。

過食は

「好きなことを気が済むまでしたい。」

という心の声なのだという考えもあります

好きなことを気が済むまでしたいという要求が過食へと走らせます。

 

過食してすぐは心が満たされた感覚になりますが、すぐにそれは後悔へと変わります。

本当は過食をしても心が満たされることはないのです。

やめたいのにやめられない行為は根本的な原因を取り除くまで続きます。

 

根本的な原因を取り除く=心が満たされる日々を過ごすこと。

 

それではどうしたら心が満ちて、過食をやめることができるのでしょうか。

まずは、やりたくないことをやめてみてください。

シンプルなようで難しいことだと感じる方も多いと思うのです。

やりたくないことは心が知っています。

心は素直です。

頭では考えずに、心に従って下さい。

やりたくないよ。

行きたくないよ。

会いたくないよ。

そのシンプルな心の声に耳を傾けてあげてください。

やりたくないことをまずはやめること。

どうしてもやめられなかったら、少しお休みする時間をとることです。

 

*やりたくないことはやらない*

そして1日に1つでもやりたいなと感じることをやってみてください。

本を読みたいなと思ったら本を読んでみる。

散歩したいなと思ったら散歩をしてみる。

やりたいことがわからなかったらなにもしない。

 

心のままに生きていいのです。

小さなプライドや決めつけはぽいっと捨てて

やりたくないことにさよならをしてください。

それが過食ともさよならできる方法なんです。

 

それでも難しいときはいつでもご相談くださいね。

女性のための遠隔ヒーリングでは体と心のバランスを整える効果もあります。

女性の悩み関連のもくじに戻る

痩せることと食べること

現代の女性にとって、美しさは「太る/痩せる」ということと深く関係していると思います。

 

だからこそたくさんのたくさんのダイエット法があります。

 

いつまでも美しくありたいという気持ちは素敵なこと。

 

でも「やせているから美しい」というのは、なんだか違うと思うのです。

 

「痩せているから美しい」

 

それはこの社会の洗脳なのですよね。

 

ある方が言っていましたがダイエットと英語はお金儲けになるのですって。

 

人のコンプレックスほどお金になるものはないのだそうです。

 

でもコンプレックスって自分が思っているだけで、周りの人はそんなに気にしていないものです。

 

痩せることに意識を向けるのではなく

 

「さらに健康になるにはどうしたらいいかな。」ということに意識を向けていくことで、自然と自分に合った体型になっていきます。

 

”痩せるために食べる”のではなくて”さらに内側から輝くために食べる”という意識に変えていけたら心はもっと平和になります。

 

そして今の自分を否定せずに肯定してあげてください。

 

自分を否定してしまっているとき、人は自分を大切にすることがでません。

 

すると、食べるものもどうでもよくなってしまいます。

 

自分を肯定してあげて、自分を大切にする。

 

「大切な自分に、なにを食べさせてあげようかな。」

と自分自身にいつも問いかけてください^^

 

そのような思いがあれば、食べるものも自然と身体に優しいものを選ぶと思うのです。

 

身体にいいものって愛がたくさん感じられるものではないでしょうか。

 

・なるべく身体に優しい食材を使うお店を選択する。

 

・なるべく無農薬のお野菜や有機のお野菜を選択する。

 

・心を込めて丁寧に作って、大切に食べる。

 

・食べるときに感謝して味わって食べる。

 

色んなことを書いていますが、

「何を食べるか以上にどのような思いで食べるか」

というのが1番大切なのかなって、思うのです。

 

食べる前に深呼吸をして、感謝して大切に食べる。

 

それだけで何かが変化していくと、わたしは思っています^^

 

女性の悩み関連のもくじに戻る

PMSと生理痛を改善したい方の食べもののこと

PMS(生理前症候群)や生理痛で悩んでいるかたは、いつも食べているものを思いだしてみます。

 

わたしたちの人生は選択の連続。

 

選べる自由ってうきうきするし、すてきなこと。

 

でも自分や大切な人たちのことを守っていくためには

 

体のための知識を知ることって大切で

 

そのことを知ったうえで選んでいくことができたらなって思います。

 

食べるものってわたしたちのすごく身近にあるもの。

 

人間は食べたものでできている。

 

食べもののおばけです。

 

不自然なものを体にいれていないかなって日々の食べものを見直していく時間をとります。

 

PMSや生理痛のとき「いつものことだな」と放置をしたり、

 

鎮静剤やピルに頼っても、根本からは治りません。

 

自分自身の自然治癒力を信じて、根本的な解決をできたらいいなと思います。

 

自然治癒力を引き出すためには、体を自然な状態に戻していくことが大切です。

 

そして自然な状態に戻すためには、いつもなんとなく食べている食事を

 

意識的に変えていくことが必要です。

 

PMSや生理痛で苦しんでいて改善したい方は、今からご紹介する食べ物を食べることを

お休みしてみることをお勧めします。

 

・白砂糖

・卵・乳製品

・カフェイン

 

◯白砂糖

白いお砂糖の取りすぎは体内の栄養素を消費し、体内におけるホルモン移動を妨げます。

大量の糖分を摂取する女性は、あまりとらない女性よりも多くのホルモンに関連した障害を抱えがちです。

白砂糖を毎日のように取る女性はとりわけ月経前に低血糖症に関連したPMSを生じやすく、極端にイライラしがちになってしまいます。

糖分渇望、無気力、虚弱、頭痛を引き起こします。

どうしても甘いものを食べたいときは、精製されていない甜菜糖や黒糖で作られたものを選ぶようにしてみてください。

 

 

◯卵、乳製品

どちらも消化に負担がかかります。

消化に負担がかかると、体内に毒素を生みやすくなり、それがPMSや生理痛の原因にもなります。

また、牛や鶏のえさにたくさんの抗生物質や、お乳をだしたり、卵を産ませるためのホルモン剤が入っています。

それらの化学物質が乳製品として私たちのホルモンバランスに影響を与える可能性を指摘する声もあります。

卵や牛乳はもともとは悪いものではありません。

それが不自然にホルモン剤や抗生物質を加えられたことにより、体に負担をかけてしまうものになっているとのこと。

卵や乳製品をとるときは、なるべくオーガニック(自然なもの)をお勧めしたいなと思います。

また、毎日食べている人は食べる頻度を減らしてみることでなにか改善されるかもしれません。

 

◯カフェイン

カフェインは役目を終えたホルモンを肝臓が分解するのを抑制し、ホルモンバランスを妨げます。

アドレナリンの効果を高めることににより、ストレスの影響を増大させ、不安、緊張、いらいら、低血糖症などの症状を悪化させてしまいます。

PMSや乳房の病気が心配な方は控えることをお勧めします。

珈琲も紅茶もチョコレートも美味しいですよね。

完全にやめなくても、生理の1週間まえにまずは控えてみてください^^

 

 

PMSや生理痛で苦しんでいるかたはゆっくりとお試ししてみてください。

1つずつでも大丈夫なので試してみて、ご自分の体にとって心地良い状態を探してみてくださいね^^

 

とくに甘いものやカフェインは中毒性があるので、控えるのは難しいかもしれませんが、少しの間でもやめてみる勇気をもってみることをお勧めします。

 

変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

でも、試してみるというのが大切だとわたしは思っています。

その勇気や行動が体や心の健康につながっていくからです^^

女性の悩み関連のもくじに戻る

子宮を温めることの大切さ

子宮は女性にとって特別な臓器。

命が宿る場所である子宮は、神秘的で神聖なエネルギーに満ちている。

自然な状態でいるときの子宮は、外側は弾力性がありツヤツヤ、内側はふかふかで柔らかくなり、美しいピンク色に輝いている。

 

そんな子宮は温かい状態でいることを好みます。

子宮が温かい状態だと、わたしたち自身の体と心の状態も自然とバランスがとれて良い状態になっています。

 

<子宮が温かい状態のとき>

・月経が整う

・体の変化によって心が振り回されなくなる

・月経中を心地良く過ごせる良いになる

・お肌の調子を整えてくれる

・バランスのとれた体型になる

・免疫力があがり、病気にもかかりにくくなる

・自分に合うものがわかるようになる

・女性である自分を愛おしく思える

 

<子宮が冷えているとき>

・月経トラブルが増える

・頭痛、肩こり、冷え、肌荒れを引き起こす

・下半身が太くなる

・気分の波が激しくなり、コントロールできなくなる

・全てが面倒になり、ネガティブ思考になりやすい

・赤ちゃんを授かる力が弱まることもある

 

現在は子宮が冷えている女性が多いようです。

 

忙しいからという理由でファーストフードを選択して食べてしまっていたり、

 

甘いものや冷たいものやカフェインを毎日とっていたり、

 

化学調味料がたくさん入っている食べものを無意識に選択してしまったり、

 

自分に厳しくしすぎて、ストレスが溜まってしまっていたり、

 

紙ナプキンをずっと使っている。

(ほとんど使い捨ての紙ナプキンは紙ではなく、石油系の化学物質で作られているものです。紙ナプキンも体を冷やす原因になります。→詳しい記事「内側から輝く布ナプキン」

 

そのような生活を続けていると、子宮は冷えつづけてしまい、本来の神聖なエネルギーを発揮できなくなってしまいます。

できることから、生活を見直してみませんか?

 

<子宮を温めるために>

・時間がないときも、ファーストフードやコンビニで買うことよりもおにぎりを1つでも家から握っていくことを選択してみます。

・甘いものや冷たいもの、カフェインのとりすぎを控えてみます。

・なるべく体を温めるような食事を心がけます。(小麦粉も体を冷やします)

布ナプキンをできるだけ使ってみます。

・忙しいときでも、体を休ませてあげる時間をとります。

子宮の瞑想をして、女性である自分を愛でてあげます。

 

子宮を内側から温めて、体と心も自然とバランスがとれた良い状態をめざしていきましょう^^

女性の悩み関連のもくじに戻る

お問合せはこちら


担当:兵藤 むつみ

受付時間:9:00~20:00
年中無休
 

お気軽にご相談ください

Instagram

多くの人の目に触れるよう、ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押して応援してくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

新着情報

2017年6月18日

予約受付開始。
ご不明な点、ご質問などありましたら気軽にご相談ください。